2014年のAWSアップデートまとめ – Windows編(EC2, RDS, WorkSpaces, AppStream, etc)

JAWS-UG Advent Calenderの18日目のエントリーです。すっかりこのブログからはご無沙汰していましたが2014年もAWSにはさまざまなアップデートがありました。このブログではAWSのWindows関連の話題について取り上げていますが、今年もそろそろ終わりということで、2014年のアップデートをAWSブログの記事からふりかえってみたいと思います。

2014年のはじめはそれほどおおきなアップデートはありませんでしたが、CloudFrontがMicrosoftのスムーズストリーミングをサポートするようになりました。

【AWS発表】Amazon CloudFrontがMicrosoft スムーズストリーミングをサポート(2/24) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/02/amazon-cloudfront-now-supports-microsoft-smooth-streaming.html

3月にはいると、VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポートするなどの機能アップデートがあり、仮想マシンイメージのAWS移行がより簡単にできるようになりました。VM Import/Exportはその後Windows Server 2012 R2にも対応しています。

【AWS発表】VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポート(3/9)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/vm-importexport-now-supports-windows-2012.html

また、Amazon AppStreamとAmazon WorkSpacesが利用できるようになりましたが、どちらのサービスもこの時点では東京リージョンには対応していませんでした。WorkSpacesはもちろんですが、AppStreamは内部の仕組みとしてEC2 Windowsインスタンスを利用しているため、ここではWindowsに関連するサービスとしてふくめています。

【AWS発表】Amazon AppStreamを全てのデベロッパーが利用可能に(3/18) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/amazon-appstream-now-available.html

【AWS発表】Amazon WorkSpacesが誰でもご利用可能に!(3/26)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/amazon-workspaces-now-available.html

5月には、Amazon RDS for SQL ServerでMulti-AZ機能が利用可能になりました。2014/12現在はまだ東京リージョンではMulti-AZ機能を利用することはできないのですが、非常に待ち望まれている機能のひとつだと思います。

Amazon RDS for SQL ServerでもMulti-AZ機能を利用可能に(5/21)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/05/amazon-rds-for-sql-server-with-multi-az.html

また、AppStreamの新機能が追加されています。 YUV444とはあまり聞きなれないかもしれませんが、色の再現性を高めるために重要な機能です。

Amazon AppStreamの新機能 – YUV444とアプリケーションのロギング(5/21)http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/05/yuv-444-support-for-amazon-appstream.html

6月に、Windows Server 2012 R2とSQL Server 2014がEC2で利用できるようになっています。最新のWindows OSおよびSQL ServerがAWS上で利用可能になったということで、よりシステム構築の選択肢が広がったのではないかと思います。

【AWS発表】Windows Server 2012 R2 と SQL Server 2014 のAMIが利用可能に(6/4) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/06/windows-server-2012-r2-amis-now-available.html

6月と8月にかけて、Amazon SNS Mobile Pushのアップデート がされています。MPNSというのはMicrosoft Push Notification Serviceの略で、WNSはWindows Push Notification Serviceのことですが、それぞれWindows Phone 7およびWindows Phone 8.1、またWindowsストアアプリに対するプッシュ通知を可能にする機能となります。日本ではWindows Phoneのユーザーはほとんど見かけないのですが、8月のアップデートではMPNS認証済みモードにも対応しており、それだけSNS Mobile Pushチームの本気がうかがえるアップデートといえるのではないでしょうか。

【AWS発表】Amazon SNS Mobile Push アップデート – Baidu Cloud Push (中国)、MPNS、WNSのサポート(6/12) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/06/sns-mobile-push-update-baidu-windows.html

【AWS発表】Amazon SNS アップデート – ラージトピックスとMPNS認証済みモード(8/20) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/08/sns-large-topics-and-mpns-auth-mode.html

そして、8月にようやくAmazon WorkSpacesが東京リージョンで利用可能になりました。東京リージョンへの対応にあたっては、ワークスペースやクライアントの日本語化などのローカライズがされているため、日本のお客様により使いやすい形でリリースすることができました。そのため個人的にもとくに思い入れの強いアップデートです。

【AWS発表】Amazon WorkSpacesが東京リージョンでも利用可能に(8/26) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/08/workspaces-tokyo.html

Amazon WorkSpacesにつづいてAmazon AppStreamも9月から東京リージョンで利用可能になっています。この時点ではとくに機能アップデートはありませんが、すでに利用を開始しているお客様がいるということが話題となりました。

Amazon AppStreamが東京リージョンで利用可能に(9/30)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/09/appstream-tokyo.html

10月に、Amazon WorkSpacesがPCoIPゼロクライアントをサポートするようになり、利用できるクライアントの種類が増えました。PCoIPゼロクライアントは、HPやDell Wyseなど各社から販売されていますのでぜひチェックしてみてください。

Amazon WorkSpacesがPCoIPゼロクライアントをサポート(10/20) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/workspaces_zeroclient.html

また、AWS Directory Serviceが発表され、ただちに利用可能となりました。AWS Directory Serviceは Amazon WorkSpacesやAmazon Zocaloのバックエンドで利用されているディレクトリの機能を単体のサービスとして提供するもので、Samba 4相当のスタンドアロンディレクトリをクラウド上で利用できるSimple ADと、オンプレミスのActive Directoryドメインとの認証の連携を提供するAD Connectorの2つの使い方ができるようになっています。

【AWS発表】新サービスAWS Directory Service(10/22)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/aws-directory-service.html

さらに、Amazon WorkSpacesでゴールデンイメージを作成可能になり、ワークスペースの展開がよりやりやすくなりました。また、バリューバンドルが追加されたことによりより安価にWorkSpacesを利用できるようになったり、スタンダードバンドルのアップデートでこれまでよりCPUとメモリが多く利用できるようになったりなど重要なアップデートがありましたが、この時点ではまだ東京リージョンには対応していませんでした。

【AWS発表】Amazon WorkSpacesでゴールデンイメージを作成可能に(10/29) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/workspaces_goldenimage.html

Amazon WorkSpacesのアップデート – バリューバンドル、ハードウェアのアップグレード、そしてOffice 2013(11/7) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/ws-update-office-2013-value.html

11月には、Microsoft System Virtual Machine Manager用のプラグインが利用可能になったほか、CloudWatchのアップデートでWindowsのイベントログをふくむ任意のログファイルを管理することができるようになりました。このCloudWatch Logsの機能は、Windowsのログを集中管理したいというニーズにこたえるという意味で重要なアップデートといえるのではないかと思います。

あたらしいMicrosoft System Center Virtual Machine Managerアドイン(11/10) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/new-scvmm-add-in.html

CloudWatchアップデート – Windowsログファイルサポートの強化(11/11) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/additional-cloudwatch-logs-windows.html

また、Amazon AppStreamのアップデートにより任意のWindowsアプリケーションをクライアントに配信できるようになりました。アプリケーションを改変することなくGPUアプリケーションが利用できるようになりましたので、よりAppStreamの可能性が広がるアップデートとなりました。さらに、東京リージョンでもAmazon WorkSpacesのアップデートが利用可能になりました。

Amazon AppStream アップデート – Access Windows Apps on Chromebooks, MacBooks, Kindle Fires, and More(11/21)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/appstream-win-apps-on-devices.html

Amazon WorkSpacesのアップデートが東京リージョンで利用可能に(11/27) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/amazon-workspaces-update-tokyo.html

こうやってふりかえってみると、Amazon WorkSpacesやAmazon AppStreamなど、よりクライアントに近いサービスのアップデートが印象的でした。サーバーサイドおよびクライアントサイドにてWindowsを利用している場合でも、AWSの適用範囲と可能性がより広がってきた1年になったのではないかと思います。さて、来年はどんなアップデートがあるのでしょうか?

Amazon EC2でWindows Server 2012 R2のAMIが利用可能になりました

Amazon Web Servicesブログに書かれている通り、Amazon EC2にWindows Server 2012 R2のAMI(Amazon Machine )が利用可能になりました(http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/06/windows-server-2012-r2-amis-now-available.html)。Windows Server 2012 R2のAMIは19の言語で利用可能で、SR-IOVによるEnhanced Networkingにも対応しています。

というわけで、さっそく利用してみましょう。EC2のLaunch Instance Wizardから、Windows Server 2012 R2が選択可能になっていることが分かります。Quick Startに登録されているのは英語版のAMIなので、日本語版のAMIを利用したい場合はCommunity AMIsから検索する必要があります。

Step 1 Choose an Amazon Machine Image

Community AMIsで「Windows_Server-2012-R2_RTM-Japanese-64Bit-Base」を選択すると、日本語版のAMIが見つかりますので「Select」で次に進みます。あとのステップはこれまでと同じなので省略します。

Step 1 Choose an Amazon Machine Image_2

リモートデスクトップで接続すると、たしかにWindows Server 2012 R2が起動されていることがわかります。左下にスタートボタンが復活しており、より直感的に操作できるようになっています。スタートボタンをクリックするとスタートスクリーンが表示されます。

Windows Server 2012 R2

スタートスクリーンはWindows Server 2012とほぼ同等ですが、よくみると細かい使い勝手が向上しています。

Windows Server 2012 R2 Start

デバイスマネージャーを表示させてみると、Windows Server 2012 R2ではあたらしくAWS PV(Para Virtualization)ドライバが採用されていることがわかります。これにより、よりI/Oパフォーマンスが向上していることが期待されます。

Windows Server 2012 R2 AWS PV Driver

あとは、これまでのWindowsインスタンスと同様に利用できるようになっていますので、2012 R2の新機能などもすぐにためせるようになっています。EC2上でも、最新のWindows Server 2012 R2をつかいこなしていきましょう!

 

 

 

Amazon WorkSpaces Limited Previewをつかってみる(2/2)

JAWS-UG Advent Calender 2013の21日目のエントリになります。

前回のエントリでは、WorkSpaceの作成とクライアント側の設定について紹介しました。Amazon WorkSpacesクライアントからWorkSpaceにログオンすると、以下のようなデスクトップ画面が表示されます。

image

デスクトップにはあらかじめアプリケーションなどがインストールされているためすぐにつかえる状態ですが、デフォルトでは英語表示のためまずはこれを日本語化してみたいと思います。英語版のWindowsを日本語化するためにはMultilingual User Interface(MUI)多言語パックをインストールする必要があります。WorkSpaceのOSはWindows Server 2008 R2 SP1のため、Windows Server 2008 R2 SP1用のMUIをダウンロードしてインストールします。以下のリンク先から、「日本語」を選択して「ダウンロード」をクリックします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2634

MUIモジュールをダウンロードして実行すると、自動的に日本語パックのインストールが開始されます。

image

日本語化パックのインストールが完了したら、コントロールパネルから「Change display language」を選択し、「Choose a display language」から「日本語」を選択して「OK」をクリックします。デフォルトの言語を日本語にするためには、一度ログオフして再度ログオンしなおす必要があります。

image

必要であれば、Internet Explorer 11の日本語パックもダウンロードしてインストールすると、IEのメニュー表記も日本語にすることができます。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/ie-11-worldwide-languages

おまけ

今話題のあのゲームがAmazon WorkSpacesで遊べるかためしてみました。Webサイトにアクセスすると、Englishか日本語かをえらべるようになっています。

image

とりあえず日本語を選んでみると・・・USリージョンのAmazon WorkSpacesでは利用できないようです。

image

結論:英会話の勉強をしましょう。

Amazon WorkSpaces Limited Previewをつかってみる(1/2)

AWS Advent Calender 2013の20日目のエントリです。

Amazon WorkSpacesはre:Inventで発表されたWindowsデスクトップをユーザーに対して提供するためのフルマネージドのクラウドサービスです。現在、Limited Previewが12月から開始されていますが、申し込み多数のためまだほとんどのお客様には利用可能となっていないようです。そこで、あらかじめ利用開始の手順についてご紹介したいと思います。

AWS Management ConsoleでAmazon WorkSpacesのページを開きます。WorkSpace(≒デスクトップ)が作成されていない状態では、以下のような画面が表示されます。ここから、3ステップでWorkSpaceが利用可能になります。

image

まずは、WorkSpaceバンドルを選択します。Standard、Standard Plus、Performance、Performance Plusの4種類がえらべるようになっています。また、ユーザーを作成します。ログオンに使用するUsernameのほかに、First Name、Last Name、e-mailを入力する必要があります。ここでは、「Add Additional Users」をクリックすることで複数のユーザーを追加することができます。「Provision WorkSpaces」をクリックするとユーザーとWorkSpaceが作成されます。

image

およそ20分ほどでWorkSpaceがプロビジョンされ、利用可能な状態になるとStatusがRunningとなり、自動的にユーザーにメールで通知されます。

image

メールには、WorkSpaceクライアントのダウンロード用URLのリンクとregistration codeおよびユーザー名が記載されています。この時点ではまだパスワードが設定されていませんのでユーザーハ受け取ったメールのリンクをブラウザで開き、初期パスワードを設定します。パスワードを設定したら、Amazon WorkSpacesクライアントをダウンロードしてインストールします。Windows/Mac OS X/Kindle Fire/iOS/Androidの各プラットフォームごとにクライアントがダウンロードできるようになっています。

 

image

クライアントをダウンロードしたら、メールに記載されているRegistration Codeを入力して「Register」をクリックするとWorkSpaces用のディレクトリに登録されます。

image

ここまでで準備はすべて完了です!ユーザー名とパスワードを入力して「Sign In」をクリックすることでWorkSpaceにログインできるようになります。

image

ここまでで、Amazon WorkSpacesを利用開始できるようになるための3つのステップについてご理解いただけたと思います。ここまで書いたところで、AWSブログと内容がかぶっていることに気づきました・・・ 今日はここまでで、次回はWorkSpaceのデスクトップのカスタマイズや気になるあんな使い方などについて触れてみたいと思います。

Amazon EC2 G2インスタンスをWindowsでつかってみる

AWSブログにて発表されたとおり、高速なグラフィック処理を可能にするG2インスタンス(g2.2xlarge)がAmazon EC2で利用可能になりました。g2.2xlargeは64bit HVMで動作し、以下のスペックを利用することができます。

  • NVIDIA GRID (GK104 "Kepler") GPU (Graphics Processing Unit), 1,536 CUDA コアと4 GB ビデオ(フレームバッファ) RAM.
  • Intel Sandy Bridge プロセッサ(2.6 GHz, Turbo Boost 有効), 8 vCPU (Virtual CPUs).
  • 15 GiB のメモリ.
  • 60 GB のSSD ストレージ

     

    NVIDIAがWindowsとAmazon Linux向けにGPUドライバインストール済みのAMIを提供しているため、AWS Marketplaceからかんたんにインスタンスを起動することが可能になっています。

  • Amazon Linux AMI with NVIDIA Drivers
  • Windows 2008 AMI with NVIDIA Drivers
  • Windows 2012 AMI with NVIDIA Drivers

    .

    いまのところ対応リージョンは米国東部(バージニア)、米国西部(北カルフォルニア)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)にかぎられていますが、G2インスタンスを利用するとOpenGLやDirectXが動作するようになるため、いままでは動作させることができなかったGPUを利用したあーんなアプリや、こーんな使い方などができるようになることが期待されます。

    というわけで、さっそくWindowsからGPUの機能が利用できるかためしてみましょう。今回はUS-Eastリージョンを選択して、AWS MarketplaceからNVIDIAドライバインストール済みのWindows Server 2008 R2のAMIを選択してインスタンスを起動しましたが、ここまでの手順はさくっと省略します。

    インスタンスにログオンしてデバイスマネージャで「Display adapters」を確認すると、「NVIDIA GRID K520」と表示されているのがわかります。その下には「Standard VGA Graphics Adapter」がありますが、どうやらこちらは利用されていないようです。

    image

    さらに、GPU-Zをインストールしてグラフィックカードの情報を表示させると、「NVIDIA GRID K520」の表示とともにGPUの詳細が確認できました。このGPUが、クラウド上で利用可能になったという事があらためてよくわかります。

    image

    DirectXを利用する場合は、あらかじめ必要なバージョンのDirectXランタイムをインストールしておくとよいでしょう。DirectXをインストール方法については、以下のリンクが参考になると思います。

    DirectX のダウンロードとインストール方法 

    この環境で、ためしにFinal Fantasy XIVベンチマークを動かしてみることにしました。RDPとRealVNCでそれぞれベンチマークしてみた結果、どちらも画面のラグやコマ落ちが非常にはげしく実用的なゲーム環境とはいえないと感じました。これはUS-Eastリージョンを利用していることによるネットワークのレイテンシーが影響していると思われるため、このような用途ではTokyoリージョンにG2インスタンスがくるのを素直に待った方がよさそうです。

    まずはこちらがRDPによるベンチマーク結果です。スコアは903と、「動作困難」という評価になりました。画面表示が非常に遅れるためまるで紙芝居のように表示されます。

    image

    続いて、RealVNCによるベンチマーク結果です。RDPとはちがって、15128と非常によいスコアがでています。評価も「非常に快適」となっていますが、実際の画面表示はRDP同様とても快適とはいいがたい結果でした。スコアのちがいは、RDPとRealVNCの画面表示の仕組みが異なることからきているものと思われます。

    image

  • AWS Management Pack for Microsoft System Centerをつかってみる

    AWSブログで紹介されている通り(http://aws.typepad.com/aws_japan/2013/05/aws-management-pack-for-microsoft-system-center.html)、AWS Management Pack for Microsoft System Centerがリリースされ、AWSのWebサイトからダウンロードできるようになっています。このAWS Management Packを使用すると、Microsoft System Center Operations ManagerからWindowsやLinuxなどのAmazon EC2インスタンスやEBSボリューム、Elastic Load Balancing、CloudFormationスタックやElastic BeanstalkアプリケーションなどのAWSリソースの監視ができるようになります。ということで、まずはインストールのやり方について解説していきたいと思います。

    AWS Management Pack for Microsoft System Centerを使用するためには、System Center Operations Managerに管理パックをインポートします。ここではSystem Center Operations Managerのインストールについては解説しませんが、オンプレミスでもEC2上でもどちらにインストールしてもOKです。AWS Management Pack for Microsoft System Centerは、こちら(https://aws.amazon.com/jp/windows/system-center/)からダウンロードしておいてください。

    まず、Operations Managerの管理コンソールを起動して、「管理」タブを開きます。「アクション」→「管理パックのインポート」をクリックすると、「管理パックのインポート」ウィザードが起動します。

    image

    「管理パックのインポート」ウィザードから、管理パックを選択します。インポートリストの「追加」→「ディスクから追加する」を選択します。

    image

    ダウンロードしてある管理パック(Amazon.AmazonWebServices.mpb)のある場所を指定して、「開く」をクリックします。

    image

    選択した管理パックがインポートリストに表示されているのを確認して、「インストール」をクリックするとインポートが開始されます。

    image

    管理パックのインポートが完了し、「状態」が「インポート済み」になったのを確認して、「閉じる」をクリックします。

    image

    管理パックのインポートが完了したら、つぎに実行アカウントを作成します。「管理」タブから、「実行構成」「アカウント」のタスクで「実行アカウントの作成」をクリックして「実行アカウントの作成」ウィザードを起動します。

    image

    「実行アカウントの作成ウィザード」の「全般プロパティ」から、「実行アカウントの種類」で「基本認証」を選択し、表示名に任意の名前を入力して「次へ」をクリックします。

    image

    「資格情報」に、「アカウント名」にAWSのAccess Key IDを、「パスワード」にはSecret Access Keyを入力します。「パスワードの確認」にもSecret Access Keyを入力して、「次へ」をクリックします。

    image

    「配布セキュリティオプションの選択」はどちらを選択しても問題ありませんので、どちらかを選んで「作成」をクリックします。

    image

    最後に、管理パックテンプレートから監視の設定を行います。「作成」タブの「管理パックテンプレート」から「Amazon web Services」のタスクで「管理の追加ウィザード」をクリックしてウィザードを起動します。

    image

    「監視の追加」ウィザードの「監視の種類」から、「Amazon Web Services」を選択して「次へ」をクリックします。

    image

    「General Properties」では、「名前」に任意の名前を入力して「目的の管理パックの選択」から「Default Management Pack」を選択して「次へ」をクリックします。

    image

    「Watcher Node」の「Watcher Node」に適切な監視ノードを選択し、「Select AWS Run As account」に先ほど作成した実行アカウント名を選択して「作成」をクリックします。監視ノードは、通常Operations MaangerをインストールしたWindowsマシンになると思います。

    image

    これで、AWS Management Pack for Microsoft System Centerのインストールは完了です。あとは、「監視」タブに「Amazon Web Services」が追加され、EC2インスタンス、EBSボリュームなどが監視できるようになっていることがわかると思います。もちろん、Operations ManagerをつかってEC2 WindowsインスタンスのOSやSharePoint、SQL Serverなどのミドルウェアの監視まで一元的に行うことができますし、さらにはオンプレミスのリソース監視とAWSのリソース監視をあわせて行なうことだってできるようになるはずです。AWS Management Pack for Microsoft System Center自体は無料でダウンロードできますので、System Centerユーザーなら使わない手はないと思います!

    image

    AWS Diagnostics for Microsoft Windows Serverベータ版をつかってみる

    AWSブログ(http://aws.typepad.com/aws_japan/2013/02/available-now-beta-release-of-aws-diagnostics-for-microsoft-windows-server.html)にて発表されたとおり、AWS Diagnostics for Microsoft Windows Serverのベータ版がリリースされています。AWS Diagnostics for Microsoft Windows Serverは、Amazon EC2上で動作するWindowsインスタンスの情報を収集することで、トラブシューティングなどに有効な情報を取得することができるツールです。

    というわけで、まずはつかってみることにしましょう。現在、AWS Diagnostics for Microsoft Windows Serverはこちら(http://aws.amazon.com/jp/windows/awsdiagnostics)からダウンロードできるようになっています。ダウンロードしたファイルを展開し、ECWindowsDiagnostics.exeを実行するとまず以下のようにLicense Agreementの画面が表示されます。内容を確認して「I Agree」をクリックすると先に進むことができます。

    image

    AWS Diagnostics for Microsoft Windowsが起動すると、以下の画面が表示されます。収集したい情報にチェックをつけて、ファイルを保存するディレクトリを指定します。必要な項目を指定したら、「Begin」をクリックします。

    image

    すると、AWS Credentialsの情報がもとめられます。ここでは、IAM Role、Credential FileおよびEnv Variableのいずれかが選択可能です。いずれかの認証方式を選択し、「OK」をクリックすると指定したディレクトリに結果が保存されます。

    image

    実行が完了したら、指定したディレクトリにあるファイルが正常に保存されているかどうか内容を確認してみてください。複数のファイルが新規に作成されていたら必要な情報が収集できたことになります。ここまでみてきたように、AWS Diagnostics for Microsoft Windows Serverの実行は非常に簡単ですが、これがあれば何かあった時も備えあれば憂いなしですね!