AWSでWindows Server 2012インスタンスをつかってみる ~その2 スタートスクリーンとチャーム~

Windows Server 2012インスタンスを起動して、デスクトップが表示されましたが、よく見慣れたスタートボタンがありません。タスクバーには、サーバーマネージャーとWindows Powershell、そしてエクスプローラーのショートカットがありますのでこれでなんとかするしかないのか・・・と思うかもしれません。あるいは、そっと「閉じる」ボタンを押してしまう方もいるかもしれませんね。

しかし、スタートメニューこそなくなりましたが、Windows 8のようなスタートスクリーンを表示させる方法があります!マウスカーソルをデスクトップ左下いっぱいの位置までもってきてあげると・・・!よく見慣れたものとはちがいますが、まさしく「スタート」の文字がでてきたので早速クリックしてみましょう。

すると、全画面のスタートスクリーンが表示されました!ここから、マイコンピュータやコントロールパネルなどにいつでもアクセスすることができます。また、右上のユーザー名のところをクリックすることで、ログアウトを選ぶことができます。

しかし、毎回スタートスクリーンを表示する以外にコントロールパネルを呼び出す方法はないの?と思ってしまうところですが、ちゃんとありました。それが「チャーム」という機能です。チャームを呼び出すためには、まずデスクトップ画面の右下いっぱいにマウスカーソルをもっていきます。

チャームが表示されたら、スタートスクリーンだけでなく設定の画面に直接アクセスすることが可能です。ネットワークや電源の設定も直接操作することができますので、なにかあったら、とりあえず「チャーム」と言っておけばまちがいありません。

さて、このスタートスクリーンおよびチャームを呼び出す操作ですが、けっこう当たり判定が微妙なのでうまく呼び出せずにイライラすることもあるかと思います。そのようなときはクライアントをRDP 8.0にアップデートすると便利になります。クライアントとしてWindows 7を使っている場合は、リモートデスクトップ接続のクライアントをアップデートすることでRDP 8.0に対応することができます!

RDP 8.0 Update for Windows 7 SP1 Released to Web(http://blogs.msdn.com/b/rds/archive/2012/10/23/rdp-8-0-update-for-windows-7-sp1-released-to-web.aspx

このアップデートを適用するためには、まずWindows 7 SP1のコンピュータにKB2574819(http://support.microsoft.com/kb/2574819)の更新プログラムを適用します。それから、KB2592687(http://support.microsoft.com/kb/2592687)の更新プログラムを適用するとリモートデスクトップ接続でRDP 8.0が使えるようになります。リモートデスクトップ接続のバージョン情報で、以下のように表示されれば準備完了です。

RDP 8.0に対応したクライントを利用すると、リモートデスクトップ接続のメニューからスタートスクリーンやチャームが呼び出せるようになります。これでいつでもチャームにアクセスできますね!

では、ステキなWindows Server 2012ライフをAWSでお楽しみください!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: