AWSでWindows Server 2012インスタンスをつかってみる ~その3 EBSボリュームと記憶域プール~

Windows Server 2012で追加された新機能のひとつに、「記憶域プール」というのがあります。これは、複数のストレージを組み合わせて、ひとつの大きなストレージとして使用することができる機能です。たとえば、これまでEBSボリュームの最大容量は1TBに限られていました。1TBを超えるボリュームをWindowsから扱う必要がある場合は、複数のEBSボリュームをアタッチしてソフトウェアRAIDを組むことができました。しかし、WindowsのソフトウェアRAIDは障害時の対応やバックアップなど、かならずしも運用が容易でないところがあったのもまた事実かと思います。Windows Server 2012の記憶域プールをつかうとこれがどう変わるでしょうか?ということで、さっそくためしてみたいと思います。

まず、EBSボリュームを作成してWindows Server 2012インスタンスにアタッチします。AWS Tools for Windows PowerShellをつかっている場合、こんな感じになると思います。この例では、10GBのEBSボリュームをap-northeast-1aのアベイラビリティゾーンに作成しています。

PS C:\Program Files (x86)\AWS Tools\PowerShell> New-EC2Volume -Size 10 -AvailabilityZone ap-northeast-1a

VolumeId         : vol-405f9b62
Size             : 10
SnapshotId       :
AvailabilityZone : ap-northeast-1a
Status           : creating
CreateTime       : 2012-12-08T06:21:00.000Z
Attachment       : {}
Tag              : {}
IOPS             :
VolumeType       : standard

作成したEBSボリュームをインスタンスにアタッチするには、以下のように入力します。デバイス名として、xvdfからxvdpまでの名前をつかうことができます。

PS C:\Program Files (x86)\AWS Tools\PowerShell> Add-EC2Volume -VolumeId vol-405f9b62 -InstanceId i-4476f947 -Device xvdf

VolumeId            : vol-405f9b62
InstanceId          : i-4476f947
Device              : xvdf
Status              : attaching
AttachTime          : 2012-12-08T06:38:03.892Z
DeleteOnTermination : False

上記のようにして、複数のEBSボリュームをWindows Server 2012インスタンスにアタッチしてしまいましょう。つぎに、Windows Server 2012の「サーバーマネージャー」から、「ファイルサービスと記憶域サービス」→「ボリューム」→「記憶域プール」を選択します。「物理ディスク」に、EBSボリュームが表示されているのがわかります。

記憶域プール

「Storage Spaces」もしくは「物理ディスク」から、該当するエントリを右クリックして「記憶域プールの新規作成ウィザード」を立ち上げます。まず、記憶域プールの名前に好きな名前をつけて、利用可能なディスクのグループを選択します。そして、記憶域プールに所属させる物理ディスクを選択して、ウィザードを完了させると記憶域プールが作成できます。ここで、PhysicaDiskとして表示されているのがEBSボリュームになります。

記憶域プールの物理ディスクを選択

つぎに、「仮想ディスクの新規作成ウィザード」を起動して仮想ディスクを作成します。先ほど作成した記憶域プールを選択します。また、仮想ディスクに好きな名前を付けておきます。「記憶域のレイアウト」では、Simple、Mirror、Parityの三種類が選ぶことができます。EBSボリュームはそれ自体で冗長化の仕組みが実装されていますので、ここでは「Simple」をえらぶのがいいのではないかと思います。

記憶域のレイアウトの選択

プロビジョニングの種類の指定を行います。プロビジョニングの種類で「最小限」を選択すると、「ボリュームは、ボリュームサイズを上限に、必要に応じて記憶域プールの領域を使用します。」よくわかりませんが、とにかく先に進んでみることにしましょう。

プロビジョニングの種類の指定

ここで、仮想ディスクのサイズで100GBを指定しましたが、記憶域プールの空き領域は18.0GBしかありません。これでだいじょうぶなんでしょうか?と思いますが、問題なく100GBの仮想ディスクが作成できました!さきほどの「最小限」が、ストレージのシンプロビジョニングのような機能であることがこれでわかりますね。

仮想ディスクの新規作成ウィザード

最後に、新しいボリューム ウィザードを使用してボリュームを作成し、ボリューム文字を割り当ててあげると記憶域プールをWindowsのボリュームとして使用することができるようになります。ファイルシステムの選択で、NTFSだけでなくReFSとでてくるのが気になりますが、とりあえず今回は放っておいてNTFSを選んでおきました。

新しいボリュームウィザードを完了させると、以下のように記憶域プールが使えるようになります。使っている途中で容量が足りなくなった場合は、新規にEBSボリュームをアタッチして記憶域プールに割り当ててあげることができます!ご存じのとおり、EBSボリュームはいつでも作成することができて容量当たりの従量課金になりますのでうまく記憶域プールと組み合わせてあげることによってストレージコストの最適化ができると思います。EBSボリュームと記憶域プール。これは、まさに最強の組み合わせと言えるのではないでしょうか?

ディスク

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: