AWS Storage Gateway for Amazon EC2をつかってみる

AWS Storage Gatewayは、これまでオンプレミスのデータセンターに仮想アプライアンスとして設置することでオンプレミスのデータをAmazon S3にバックアップまたは格納することができるサービスとして提供されていました。2012年の10月には、Gateway-Cached Volumeの機能を追加したことにより、最大32TBまでのボリュームをS3上に作成してiSCSIによってアタッチすることができるようになりました。このたび、AWS Storage Gateway for Amazon EC2をリリースをしたことにより、オンプレミスと同等の環境をEC2上で構築してGateway-Cached Volumesで作成したEBS Snapshotを利用してディザスタリカバリを実現したり、EC2上で大規模なファイル共有を実現したりすることができるようになります。

AWS Storage Gateway for EC2は、AWS Marketplaceからダウンロードすることができるようになっています。まずは、AWS Management ConsoleでAWS Storage Gatewayを選択してみましょう。すると、以下のように「Deploy a new Gateway on Amazon EC2」というメニューが追加されていることがわかります。

image

このメニューをクリックすると、以下のような画面が表示されるようになります。まずは、「Launch Gateway AMI」のリンクをクリックしてみましょう。すると、ブラウザのあたらしいタブが開いてAWS Marketplaceのページが表示され、AWS Storage Gatewayが登録されていることがわかります。

image

AWS MarketplaceのAWS Storage Gatewayのページで、Storage Gatewayをデプロイするリージョンを選択すると1時間当たりの課金が確認できるようになっています。また、「Continue」のボタンをクリックすると先に進むことができます。

image

詳細な設定が必要なときは、「Launch with EC2 Console」を選択することによって通常通りEC2 ConsoleからRequest Instances Wizardを使用して詳細なインスタンス設定を行うことができます。また、適切なEC2 Instance Typeを選択してから「Launch with 1-Click」すると即座にインスタンスを起動することもできるようになっています。

image

そのまま、2~3分ほどまつとEC2上のインスタンスが利用可能な状態になります。インスタンスが利用可能になったら、EC2 Consoleから、AWS Storage GatewayインスタンスのPublic DNS名を確認しておきます。

image

Public DNSの数字で書かれている部分(この場合は、54.248.197.157)が、そのままPublic IPアドレスになります。AWS Storage Gatewayのコンソールにもどって、Public IP Addressを入力し「Proceed to Activation」をクリックすると、Gatewayのアクティベーションを開始することができます。

image

アクティベートを行うAWS RegionおよびGatewayのTimezoneをリストから選択して、Gateway Nameに任意の名前を入力して「Activate My Storage Gateway」をクリックするとアクティベーションは完了するはずです。

image

アクティベーションが完了したら、AWS Storage Gateway for EC2をつかいはじめることができます!Cache StorageおよびUpload Bufferを構成するためには、Storage GatewayインスタンスにEBSボリュームをアタッチしてからAWS Storage Gateway Consoleで「Configure Local Storage」を選択して構成してください。それから「Create Volume」で新規ボリュームを作成すると、以下のようにボリュームが見えるようになると思います。

image

あとは、任意のEC2インスタンスからiSCSIイニシエータをつかってボリュームをアタッチするだけで、耐久性99.999999999%のAmazon S3の領域に対してブロックストレージとしてアクセスできるようになります。ここまでの手順は非常に簡単だと思いますので、ぜひAWS Storage Gateway for Amazon EC2を試してみていただければと思います!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: