Windows Server 2003 R2 – 2008 R2のAMIがアップデートされました。

AWS forumでアナウンスされたとおり、Windows Server 2003 R2, 2008および2008 R2の各バージョンのAMIがアップデートされています。

https://forums.aws.amazon.com/ann.jspa?annID=1897

アップデートされたあたらしいAMIでは、Citrixのpara-virtualized (PV)ドライバが追加されており、これによりWindows Server 2012をふくむすべてのOSでこのPVドライバが使用できることになりました。このPVドライバを使用することで、以下のようなメリットをえることができるようになります。

  • どのインスタンスタイプでもすべてのWindows Server AMIを起動することが可能
  • マウント可能なEBSボリュームの上限が25個に(試験にでるかも!?)
  • ネットワークの信頼性とパフォーマンスの向上
    また、CloudFormationやAWS Tools for Powershellなど展開の自動化に対応したツールがAMIにふくまれています。というわけで、さっそくあたらしいAMIからインスタンス起動してみました。ここで起動に使用したAMIは、Windows_Server-2008-R2_SP1-Japanese-64Bit-Base-2013.03.14 (ami-adba3aac)です。デバイスマネージャーからドライバを確認すると、「ディスクドライブ」「ネットワークアダプター」「記憶域コントローラー」などにCitrix PVドライバを使用していることが確認できました。

    このように、あたらしくなったWindows AMI、ぜひおためしください!

image