Amazon WorkSpaces Limited Previewをつかってみる(2/2)

JAWS-UG Advent Calender 2013の21日目のエントリになります。

前回のエントリでは、WorkSpaceの作成とクライアント側の設定について紹介しました。Amazon WorkSpacesクライアントからWorkSpaceにログオンすると、以下のようなデスクトップ画面が表示されます。

image

デスクトップにはあらかじめアプリケーションなどがインストールされているためすぐにつかえる状態ですが、デフォルトでは英語表示のためまずはこれを日本語化してみたいと思います。英語版のWindowsを日本語化するためにはMultilingual User Interface(MUI)多言語パックをインストールする必要があります。WorkSpaceのOSはWindows Server 2008 R2 SP1のため、Windows Server 2008 R2 SP1用のMUIをダウンロードしてインストールします。以下のリンク先から、「日本語」を選択して「ダウンロード」をクリックします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2634

MUIモジュールをダウンロードして実行すると、自動的に日本語パックのインストールが開始されます。

image

日本語化パックのインストールが完了したら、コントロールパネルから「Change display language」を選択し、「Choose a display language」から「日本語」を選択して「OK」をクリックします。デフォルトの言語を日本語にするためには、一度ログオフして再度ログオンしなおす必要があります。

image

必要であれば、Internet Explorer 11の日本語パックもダウンロードしてインストールすると、IEのメニュー表記も日本語にすることができます。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/ie-11-worldwide-languages

おまけ

今話題のあのゲームがAmazon WorkSpacesで遊べるかためしてみました。Webサイトにアクセスすると、Englishか日本語かをえらべるようになっています。

image

とりあえず日本語を選んでみると・・・USリージョンのAmazon WorkSpacesでは利用できないようです。

image

結論:英会話の勉強をしましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: