2014年のAWSアップデートまとめ – Windows編(EC2, RDS, WorkSpaces, AppStream, etc)

JAWS-UG Advent Calenderの18日目のエントリーです。すっかりこのブログからはご無沙汰していましたが2014年もAWSにはさまざまなアップデートがありました。このブログではAWSのWindows関連の話題について取り上げていますが、今年もそろそろ終わりということで、2014年のアップデートをAWSブログの記事からふりかえってみたいと思います。

2014年のはじめはそれほどおおきなアップデートはありませんでしたが、CloudFrontがMicrosoftのスムーズストリーミングをサポートするようになりました。

【AWS発表】Amazon CloudFrontがMicrosoft スムーズストリーミングをサポート(2/24) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/02/amazon-cloudfront-now-supports-microsoft-smooth-streaming.html

3月にはいると、VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポートするなどの機能アップデートがあり、仮想マシンイメージのAWS移行がより簡単にできるようになりました。VM Import/Exportはその後Windows Server 2012 R2にも対応しています。

【AWS発表】VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポート(3/9)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/vm-importexport-now-supports-windows-2012.html

また、Amazon AppStreamとAmazon WorkSpacesが利用できるようになりましたが、どちらのサービスもこの時点では東京リージョンには対応していませんでした。WorkSpacesはもちろんですが、AppStreamは内部の仕組みとしてEC2 Windowsインスタンスを利用しているため、ここではWindowsに関連するサービスとしてふくめています。

【AWS発表】Amazon AppStreamを全てのデベロッパーが利用可能に(3/18) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/amazon-appstream-now-available.html

【AWS発表】Amazon WorkSpacesが誰でもご利用可能に!(3/26)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/amazon-workspaces-now-available.html

5月には、Amazon RDS for SQL ServerでMulti-AZ機能が利用可能になりました。2014/12現在はまだ東京リージョンではMulti-AZ機能を利用することはできないのですが、非常に待ち望まれている機能のひとつだと思います。

Amazon RDS for SQL ServerでもMulti-AZ機能を利用可能に(5/21)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/05/amazon-rds-for-sql-server-with-multi-az.html

また、AppStreamの新機能が追加されています。 YUV444とはあまり聞きなれないかもしれませんが、色の再現性を高めるために重要な機能です。

Amazon AppStreamの新機能 – YUV444とアプリケーションのロギング(5/21)http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/05/yuv-444-support-for-amazon-appstream.html

6月に、Windows Server 2012 R2とSQL Server 2014がEC2で利用できるようになっています。最新のWindows OSおよびSQL ServerがAWS上で利用可能になったということで、よりシステム構築の選択肢が広がったのではないかと思います。

【AWS発表】Windows Server 2012 R2 と SQL Server 2014 のAMIが利用可能に(6/4) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/06/windows-server-2012-r2-amis-now-available.html

6月と8月にかけて、Amazon SNS Mobile Pushのアップデート がされています。MPNSというのはMicrosoft Push Notification Serviceの略で、WNSはWindows Push Notification Serviceのことですが、それぞれWindows Phone 7およびWindows Phone 8.1、またWindowsストアアプリに対するプッシュ通知を可能にする機能となります。日本ではWindows Phoneのユーザーはほとんど見かけないのですが、8月のアップデートではMPNS認証済みモードにも対応しており、それだけSNS Mobile Pushチームの本気がうかがえるアップデートといえるのではないでしょうか。

【AWS発表】Amazon SNS Mobile Push アップデート – Baidu Cloud Push (中国)、MPNS、WNSのサポート(6/12) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/06/sns-mobile-push-update-baidu-windows.html

【AWS発表】Amazon SNS アップデート – ラージトピックスとMPNS認証済みモード(8/20) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/08/sns-large-topics-and-mpns-auth-mode.html

そして、8月にようやくAmazon WorkSpacesが東京リージョンで利用可能になりました。東京リージョンへの対応にあたっては、ワークスペースやクライアントの日本語化などのローカライズがされているため、日本のお客様により使いやすい形でリリースすることができました。そのため個人的にもとくに思い入れの強いアップデートです。

【AWS発表】Amazon WorkSpacesが東京リージョンでも利用可能に(8/26) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/08/workspaces-tokyo.html

Amazon WorkSpacesにつづいてAmazon AppStreamも9月から東京リージョンで利用可能になっています。この時点ではとくに機能アップデートはありませんが、すでに利用を開始しているお客様がいるということが話題となりました。

Amazon AppStreamが東京リージョンで利用可能に(9/30)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/09/appstream-tokyo.html

10月に、Amazon WorkSpacesがPCoIPゼロクライアントをサポートするようになり、利用できるクライアントの種類が増えました。PCoIPゼロクライアントは、HPやDell Wyseなど各社から販売されていますのでぜひチェックしてみてください。

Amazon WorkSpacesがPCoIPゼロクライアントをサポート(10/20) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/workspaces_zeroclient.html

また、AWS Directory Serviceが発表され、ただちに利用可能となりました。AWS Directory Serviceは Amazon WorkSpacesやAmazon Zocaloのバックエンドで利用されているディレクトリの機能を単体のサービスとして提供するもので、Samba 4相当のスタンドアロンディレクトリをクラウド上で利用できるSimple ADと、オンプレミスのActive Directoryドメインとの認証の連携を提供するAD Connectorの2つの使い方ができるようになっています。

【AWS発表】新サービスAWS Directory Service(10/22)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/aws-directory-service.html

さらに、Amazon WorkSpacesでゴールデンイメージを作成可能になり、ワークスペースの展開がよりやりやすくなりました。また、バリューバンドルが追加されたことによりより安価にWorkSpacesを利用できるようになったり、スタンダードバンドルのアップデートでこれまでよりCPUとメモリが多く利用できるようになったりなど重要なアップデートがありましたが、この時点ではまだ東京リージョンには対応していませんでした。

【AWS発表】Amazon WorkSpacesでゴールデンイメージを作成可能に(10/29) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/workspaces_goldenimage.html

Amazon WorkSpacesのアップデート – バリューバンドル、ハードウェアのアップグレード、そしてOffice 2013(11/7) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/ws-update-office-2013-value.html

11月には、Microsoft System Virtual Machine Manager用のプラグインが利用可能になったほか、CloudWatchのアップデートでWindowsのイベントログをふくむ任意のログファイルを管理することができるようになりました。このCloudWatch Logsの機能は、Windowsのログを集中管理したいというニーズにこたえるという意味で重要なアップデートといえるのではないかと思います。

あたらしいMicrosoft System Center Virtual Machine Managerアドイン(11/10) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/new-scvmm-add-in.html

CloudWatchアップデート – Windowsログファイルサポートの強化(11/11) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/additional-cloudwatch-logs-windows.html

また、Amazon AppStreamのアップデートにより任意のWindowsアプリケーションをクライアントに配信できるようになりました。アプリケーションを改変することなくGPUアプリケーションが利用できるようになりましたので、よりAppStreamの可能性が広がるアップデートとなりました。さらに、東京リージョンでもAmazon WorkSpacesのアップデートが利用可能になりました。

Amazon AppStream アップデート – Access Windows Apps on Chromebooks, MacBooks, Kindle Fires, and More(11/21)
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/appstream-win-apps-on-devices.html

Amazon WorkSpacesのアップデートが東京リージョンで利用可能に(11/27) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/11/amazon-workspaces-update-tokyo.html

こうやってふりかえってみると、Amazon WorkSpacesやAmazon AppStreamなど、よりクライアントに近いサービスのアップデートが印象的でした。サーバーサイドおよびクライアントサイドにてWindowsを利用している場合でも、AWSの適用範囲と可能性がより広がってきた1年になったのではないかと思います。さて、来年はどんなアップデートがあるのでしょうか?

Advertisements

AWS上のWindowsインスタンスにWordPressをインストールしてみる ~その2 EC2 + RDS for MySQL環境でのインストール~

前回は、同一のWindowsインスタンスにPHP、MySQLおよびWordPressをインストールしました。しかし、この方法ではMySQLだけを別なサーバーにインストールすることができませんでした。ということで、インストールをはじめからやりなおしましょう。あらかじめ、RDS for MySQLでインスタンスを立ち上げておきます。EC2でWindowsインスタンスを起動し、先ほどと同じくWeb Platform Installer 4.0をインストールします。まずはWindowsインスタンスにPHPをインストールしましょう、「製品」のタブから、「PHP 5.4.9 (英語)」を「追加」して、「インストール」をクリックします。

image_thumb[18]

PHPをインストールすると、IISも同時にインストールされて構成されることがわかります。そのまま、「同意する」をクリックしてインストールを開始します。インストール中にWindows Azureの(以下略)。

image_thumb[20]

インストールが完了すると、以下の画面が表示されますので「完了」をクリックしてWeb Platform Installer 4.0の画面を閉じます。

image_thumb[22]

続けて、WordPress日本語版をダウンロードします。http://ja.wordpress.org/より、WordPress 3.5をダウンロードすることができるようになっていますので、Windowsインスタンス上でダウンロードし、zipファイルを解凍して「wordpress」ディレクトリをそのままIISのWebサイトルート(デフォルトではC:\inetpub\wwwroot)にコピーしましょう。そしてブラウザからhttp://<public DNS>/wordpress/にアクセスすると、こんな画面が表示されると思います。wp-config.phpファイルが存在しないため、これを作成する必要があるようです。まずは、「設定ファイルを作成する」をクリックして次の画面に進みます。

image_thumb[25]

wp-config.phpファイルを作成するためには、wp-config-sample.phpファイルをもとに必要な情報をエディタで編集するかこの自動ファイル生成を使用します。「さあ、始めましょう」をクリックします。

image_thumb[27]

「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「データベースのホスト名」をそれぞれ入力します。ここでは、RDS for MySQLでインスタンスを作成するときに設定したデータベース名、ユーザー名およびパスワード、そしてRDSのエンドポイントを入力して「送信」をクリックします。

image

すると、「wp-config.phpファイルに書き込むことができません」というメッセージが表示されます。ここにwp-config.phpファイルに必要な情報がすべて記載されていますのでWindowsインスタンスでメモ帳などのエディタを開き(しかしながら、メモ帳の使用は推奨されていないようです)、内容をそのままコピー&ペースとしてwp-config.phpファイルをWebサイトルートにあるwordpressフォルダ(デフォルトではC:\inetpub\wwwroot\wordpress)以下に作成してから「インストール実行」をクリックします。

imageあとは、通常通りWordPressのインストールを完了してすぐにWordPressを使いはじめることができるようになります。EC2 + RDSによるWIMPスタックでのWordPressのインストール、いかがだったでしょうか?思ったよりかんたんに環境構築できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。WordPress以外にも、いろいろためしてみるとよさそうですね!

AWS上のWindowsインスタンスにWordPressをインストールしてみる ~その1 同一サーバーへのPHP + MySQLのインストール~

Amazon EC2 + RDSのWIMPスタックにWordPressをインストールしてみたので、ここに手順を共有しておきたいと思います。みなさんは、WIMPスタックという言葉をご存知でしょうか。WIMPとは、Windows+IIS+MySQL+PHPの略で、LAMP(Linux+Apache+MySQL+PHP)スタックにならって名づけられた言葉、らしいです。マイクロソフトによると、以下のように定義されています。

サーバー OS には Windows Server、Web サーバーには IIS、データ ベースには MySQL などのオープン ソース DB、開発言語には PHP/Perl/Python。Web アプリケーションを構築する環境において、従来の LAMP (Linux/Apache/MySQL/PHP) に匹敵する新たなソフトウェアの組み合わせです。

今回はこの環境の上で、WordPressをインストールしてみましょう。ちなみに、PHP on IISの情報はこちら(http://technet.microsoft.com/ja-jp/ee794964.aspx)などにまとまっていますので参考にしてみてください。

さて、WordPressのインストールはWeb Platform Installerをつかうと便利です。現在の最新バージョンであるWeb Platform Installer 4.0は、こちら(http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx)から無償でダウンロードすることができます。Web Platform Installer 4.0をダウンロードしてインストールすると、こんな画面が表示されるはずです。「製品」および「アプリケーション」のタブをクリックしてみると、本当にさまざまなソフトウェアがここからインストールできることがわかると思います。

image

ここからWordPressをインストールするには、「アプリケーション」タブから「ブログ」を選択して、「WordPress Japanese Package」を「追加」、そして「インストール」をクリックします。

image

このインストーラーでは、データベースの種類が選べませんでしたので、「MySQL (未インストール)」のままrootのパスワードを設定しておきます。

image

インストールされるパッケージの種類を確認して、「同意する」をクリックすると、PHPやMySQLなど必要なパッケージのダウンロードとインストールまで自動的に完了しますのでとっても便利です。インストール中にWindows Azureの広告が表示されたりしますが、とくに気にしなくてもだいじょうぶです。

image

前提となるコンポーネントのインストール後に、WordPressを動かすWebサイトの構成をします。とくにこだわりなどなければ、「Default Web Site」のままでもかまいません。「続行」をクリックするとそのまま次の画面に進みます。

image

この画面では、パスワードを強化するためのユニークキーを設定することができるようになっています。てきとうなフレーズを入力して「続行」をクリックすると、WordPressのインストールが開始されます。Windows Azureの広告が表示されるかもしれませんが、とくに気にしなくてもだいじょうぶです。

image

WordPressのインストールが完了すると、以下のように表示されます。データベース名およびデータベースユーザー名、データベースパスワードが表示されていますのでわすれずにコピーしておいてください。

image

あとは、http://<public DNS名>/wordpress/にブラウザでアクセスすることによってWordPressの構成をはじめることができます。ですが!大事なことをひとつわすれていました。実は、Web Platform Insteller 4.0を使用したWordPressのインストールでは、同一のサーバーにMySQLをインストールしてしまうためAmazon RDSのMySQLをデータベースとして構成することができません。ということで、次回に続きます。